手根管症候群
ケアから予防まで

 
 
 

HOME | かた・うで | 手根管症候群

手根管症候群の原因

手根管症候群というあまり聞き慣れない言葉かも知れませんが、この問題にかかりますと 手の親指から薬指の半分のシビレや手の力が入りにくい症状が特徴的です。
原因としては手首の骨(手根骨 しゅこんこつ)と靭帯で出来上がる手根管(しゅこんかん)と呼ばれる管の中を通る筋肉と腱、神経が何かが原因で圧迫される問題でシビれが出てくると言われております。

手根管症候群のタイプ

1.カラダの問題が原因

  1. 筋肉の緊張や膨張が手根管を内側から圧迫することで症状を引き起こす場合があります。
  2. 手首の骨のゆがみが手根管を狭くして症状を引き起こす場合があります。

2.生活環境が問題

  1. 仕事や学業、家事などで手首を使いすぎることにより手根管症候群がおきます。
  2. 寝方や座り方など日常の偏った動作で手根管症候群がおきます。

3.その他のタイプ

ガングリオンなどの脂肪の塊が手首にできると症状を引き起こします。
 

カイロプラクティックで手根管症候群がよくなるタイプ

1.カラダの問題が原因

>骨のゆがみや筋肉の緊張が原因で手根管症候群がおきるタイプ
手根管を通っている筋肉の状態や手根管を作る骨の状態を検査して適切に処置することにより手根管症候群の改善をいたします。

2.生活環境が原因

>使い方の改善
手首に負担が来ないように使い方の改善を徹底的に指導し 手根管症候群が再発しなようにいたしております。
>トレーニングをして予防する
個人個人に合わせた運動指導や筋肉トレーニングなどを指導して手根管症候群の再発予防をいたしております。
※ガングリオンなどの場合はカイロプラクティックでは有効な処置が出来ないの事が多いので整形外科の受診を促しております。

この症状で使用するカイロプラクティックのテクニック

  • 骨の歪み対処法:四肢テクニック、関節マニュピレーション
  • 筋肉対処法:ニモ・テクニック、テーピング、キネシオテーピング、筋マニュピレーション

やってみたい!気になった!そう思いましたら是非一度ご相談くださいませ。
お問い合わせ→ちょっと相談する(相談は随時無料です。お気軽に相談下さい。)
※当院完全予約制の日曜・祝日休みを頂いております。

手根管症候群の症状でお寄せ頂いた声


電話でのお問い合わせ
「診療予約・症状相談」
 
TEL.0742-31-2569
受付時間 / 9:00~12:00・14:00~20:00
無料相談
「体の不調をご相談ください」

 

Copyright © Yamagata Chiropractic 2021