AKA(関節運動学的アプローチ)

 
 
 

HOME | テクニック | AKA(関節運動学的アプローチ)

どのような症状がある場合に使用するか

AKAを使用するテクニックは膝や股関節の癒着、四十肩などのカラダで起こる問題の原因が関節の問題(関節機能障害)である場合に使用します。

AKAの施術


AKAはカイロプラクティックのテクニックの中でも最小限の関節の運動を繰り返しておこない関節のあそびを増やします。
1mm~2mmの問題を改善させるテクニックなので患者さまへのカラダへの負担は最小限でありますがその効果は絶大的なものになります。
またこのテクニックは多くの解剖学的な知識と人間構造学や運動力学を熟知した上で多くの経験が必要なためAKAを理解した熟練のカイロプラクターのみが扱う事が出来るでしょう。
例としては下にあるAKAを使った施術の例えを参照してください。

 どういった症状を治す時に使うか

あたま・くび
寝違え
かた・うで
スポーツ障害・肩、 四十肩, 肩こり
こつばん・こかんせつ
スポーツ障害・股関節, 股関節のゆがみ、足を曲げて座れない
ひざ・あし
X 脚・O脚、スポーツ障害・膝、スポーツ障害・足首、変形性膝関節症、膝が痛む、膝に水が溜まる、足がむくむ、足が冷える、足の長さが違う、足首が痛い

 どこの部分で使うか

関節

AKAを使った症状の例え


肩の痛み
家事やスポーツなど様々な日頃の生活の癖で肩の関節の動きが悪くなる事があります。
肩が癒着して動かしにくい四十肩などの症状にAKAのテクニックは有効的になります。
肩のケースですと、先ず患者さまに上向きに寝て頂きます。
そして癒着のある関節に対してカイロプラクターは手をあてます。
その肩関節の遊びの幅だけゆっくりと最小限の力で関節を操作することにより関節の遊びを増やし症状の軽減を図ります。

電話でのお問い合わせ
「診療予約・症状相談」
 
TEL.0742-31-2569
受付時間 / 9:00~12:00・14:00~20:00
無料相談
「体の不調をご相談ください」

 

Copyright © Yamagata Chiropractic 2021