ガンステッドテクニック

 
 
 

HOME | テクニック | ガンステッドテクニック

どのような症状がある場合に使用するか

ガンステッドテクニックを使用するための症状はカラダの全身に起こる症状を治す場合に使います。
日常生活では肩こりや腰痛、首の痛みや骨盤のゆがみ、自律神経失調症など様々な問題の原因が骨のゆがみからおこる場合にこのテクニックを使用します。
サブラクセーション(亜脱臼)と呼ばれる上と下の骨がゆがみを引き起こした問題を矯正する場合に使います。

ガンステッドテクニックの施術

このテクニックはサブラクセーション(亜脱臼)という骨の小さなズレを矯正する場合に使います。


日頃の悪い姿勢や、仕事などで溜まったストレス「骨や関節がズレる」事により発生する問題を改善させる場合に使います。
サブラクセーションで引き起こされる各種問題
  • 骨の問題:骨がゆがむ事により、カラダの関節の動きが悪くなります。カラダの曲げ伸ばしが出来なくなります。
  • 筋肉の問題:骨がゆがむ事によりその周辺の筋肉の働きが低下します。筋肉が原因でカラダが固くなったり、曲げ伸ばしすることが出来なくなります。
  • 神経の問題:骨の隙間にはカラダを動かすための指示を出す神経があります。骨のゆがみが神経の通り道を邪魔する事になるので、その神経が運動をさせるハズの筋肉が痺れたり肌で触ったする感覚が鈍くなったりする問題が発生します。

 
これらの問題を改善させる場合にカイロプラクターはこのガンステッドテクニックを使用します。
骨のゆがみといっても右や左、斜めなど色々な方向に骨はゆがみます。
それらのゆがみ方をカイロプラクターは検査することによって把握し、その骨を元に戻す為に必要な力とスピードで矯正することによって骨のゆがみを改善する事が出来るのです。
ガンステッドテクニックはカイロプラクティックの手技の中でも大変難しく、多くの知識や技術、経験がないと使用することが出来ない大変難しいテクニックの一つなのです。
 

 どういった症状を治す時に使うか

あたま・くび
めまい、アゴに違和感がある、ムチウチ、寝違え、頚椎椎間板ヘルニア、頚部脊柱管狭窄症、頭痛、首が回らない、目の疲れ、耳鳴り


かた・うで
 
ゴルフ肘、スポーツ障害・肩、テニス肘、ルーズショルダー、四十肩、手根管症候群、手首の痛み、肩こり、脱臼ぐせ、腱鞘炎


こし・せなか
 
デスクワークでの痛み、坐骨神経痛、猫背が気になる、胃の痛み、背中の痛み、腰椎椎間板ヘルニア、腰痛・ギックリ腰(慢性腰痛・急性腰痛)、腰部脊柱管狭窄症、腸の痛み、長時間座れない


こつばん・こかんせつ
 
お尻のしびれ、ふとももが気になる、スポーツ障害・股関節、変形性股関節症、生理痛がキツイ、産後の骨盤のゆがみ、股関節のゆがみ、足を曲げて座れない、長時間座れない、骨盤のゆがみ


ひざ・あし
 
X 脚・O脚、スポーツ障害・膝、スポーツ障害・足首、変形性膝関節症、膝が痛む、膝に水が溜まる、足がむくむ、足が冷える、足の長さが違う、足首が痛い
 

どこの部分で使うか

骨のゆがみ

ガンステッドテクニックを使った症状の例え

肩こり
慢性的な肩こりの原因の一つに首の骨のゆがみがあります。
この場合患者さまを仰向けに寝かして首のゆがみを矯正します。
「何故首のゆがみが肩こりを引き起こすのか!?」
少し理解するのが難しいですが・・・。
ゆがんだ首の骨の(この場合は7本ある首の骨の上から3番目を例えにします。)隙間を通る神経が(3番目の骨の下を通る副神経と呼ばれる神経にあたります。)骨のゆがみに圧迫されることによって、肩にある筋肉の(僧帽筋といわれる背中についた大きな筋肉です。)筋膜(筋肉を包む半透明の膜)が緊張を引き起こすことにより肩こりを発生させさせます。
この様に骨一つのゆがみが
骨→神経→筋肉→筋膜=肩こり
に繋がるのです。

電話でのお問い合わせ
「診療予約・症状相談」
 
TEL.0742-31-2569
受付時間 / 9:00~12:00・14:00~20:00
無料相談
「体の不調をご相談ください」

 

Copyright © Yamagata Chiropractic 2021