マッケンジーテクニック

 
 
 

HOME | テクニック | マッケンジーテクニック

どのような症状がある場合に使用するか

マッケンジーテクニックは背骨と背骨の間にある「椎間板」の働きをよくする為に使用するテクニックです。
椎間板が引き起こすカラダの問題は様々ありますが、その中でも一番良く知られているのが椎間板ヘルニアです。
カラダを前に倒すだけで腰から足にかけて痺れを伴うキツイ痛みが出る神経の問題です。
マッケンジーテクニックはこの椎間板ヘルニアの症状に特に特化したカイロプラクティックのテクニックの一つでもあります。

マッケンジーテクニックの施術

椎間板ヘルニアという症状は、カラダを前に倒す事により椎間板にかかる圧力が前側にかかり、緩んだ後ろ側の椎間板が神経側に飛び出すことで痛みを引き起こす症状です。
この為、この症状を治すにあたってカラダを後に倒す事が基本という概念の上でカイロプラクターは治療にあたります。
実際に椎間板ヘルニアになっている部分の背骨を固定した状態で患者さま自信腕の力でカラダを起こしてもらう。
施術というよりか運動療法に近い治療法でもあります。
しかし、実際の治療はレントゲンを確認してしっかりと方向性を決めるなど、複雑で多岐にわたります。

 どういった症状を治す時に使うか

あたま・くび
頚椎椎間板ヘルニア、首が回らない
こし・せなか
坐骨神経痛、腰椎椎間板ヘルニア、腰痛・ギックリ腰(慢性腰痛・急性腰痛)、長時間座れない
 こつばん・こかんせつ
お尻のしびれ、足を曲げて座れない、長時間座れない

どこの部分で使うか

椎間板

マッケンジーテクニックを使った症状の例え

腰椎椎間板ヘルニア
この症状でマッケンジーテクニックを使用する場合の例です。
患者さまはベッドでうつ伏せの状態で寝て頂きます。
カイロプラクターはヘルニアを引き起こしている部位を特定した後に、問題を起こしている部分の背骨を固定します。
この状態が出来たら患者さまの手の力でカラダを起こしてもらいます。
こうする事により、椎間板のゆるみの出た後方に圧力をかけて前方に力を逃がす事によりヘルニアの改善と予防を促します。

電話でのお問い合わせ
「診療予約・症状相談」
 
TEL.0742-31-2569
受付時間 / 9:00~12:00・14:00~20:00
無料相談
「体の不調をご相談ください」

 

Copyright © Yamagata Chiropractic 2021